トップページ

そろばんはいつからされてたのですか?

 幼稚園の頃から13年間ですかね、テストに合格するとほめてもらえるじゃないですか。そしておもちゃも買ってもらえるという(笑) それが楽しくて。

あ、これです。「ゾイド」ですね。実家の倉庫に山のように眠ってます。

そうなんですね(笑) そろばんでの一番の思い出を教えてください。

 2つあるのですが、一つは日商2級珠算検定を不合格したときと、もう一つは全国大会の予選を落とされたときです。

意外ですね!いい思い出の方ではないんですね?

 そうでしょう(笑) 2級の不合格は生まれて初めての挫折でした。しばらく飼い犬相手に愚痴ってた記憶があります。首をかしげて聞いてくれてました(笑)

プログラミングの方も教えてください。プログラミングに興味を持ったのはいつですか?

 実は中学生の時でして。兵庫県代表として全国大会に2年目出場したときの、ある人との出会いがきっかけです。

その方はどんな方ですか?

 兵庫県代表のトップ選手の方で、理系・大阪大学・工学部の修士卒、M電気メーカで技術者、工場の設計を、C言語を使ってプログラミングしている、と話していました。

かっこいいーー!!

どの単語もわからなかったのですが・・・大阪大学も知らない、プログラミングも知らない(笑)。とにかく「かっこいい!!!」という感じ。僕の手が届かないレベルだということは確かでした。すごく上手な選手、スマート。人柄はともかく、あこがれの方でしたね。

じょう先生、経歴がその方とほとんど同じじゃないですか!(笑)

 そうなんですよ、私もそのつもりはなかったのですが、結局そうなったなあと思います。プログラミングにまつわる話は沢山あるのですが、またどこかで話せたらなあと。

そろばんの先生になろうと思ったきっかけは何ですか?

 翌年管理職昇進を控えた8年目に・・・管理職が向かないかなと思ったのが一つと、手順書を作ったり、現場の方と触れ合いながら教えてできるようになるのを見て、うれしかったからでしょうか。それが一番向いてたな、と。一緒に試行錯誤をしながら生まれる信頼感も大きかったです。

 また、私の父も姉もそろばんの先生をしており、私も珠算・暗算ともに10段でしたから「そろばんから教育に携わろう」と決意して、2012年12月末に退社し、2013年4月にそろばんLABO芽育開校となりました。

プログラミング教室はなぜしようと思ったのですか?

 会社勤めで一番深く身に着けた技能がエクセルVBAのプログラミングだったんです。その後もそろばん塾の問題集はエクセルでプログラムして自動作問しました。そんな中、2016年ぐらいに、「2020年から小学校にプログラミング教育が必修化」という情報が入ってきまして…。

以降、こども向けプログラミングの検討を重ねに重ね、2019年3月に開講いたしました。

そろばん・プログラミングで教育に関わっていらっしゃいますが、大切にしていることは何ですか?

 おっと急にハードルが上がりましたね(^_^;) 

そろばんでは、誰に対してもそうですが、なるべく子供の状態を正しく把握し、同じ目線に肩を並べることを今でも大切にしています(できないことも多いですが…授業毎の目標にしています)。そこから一歩ずつ、状況を見ながら積み上げる感じですね。

プログラミングでは、生徒が「進めたい」と思うところまでは何も言わないことを大切にしています。指導するのは、生徒が詰まって質問をしたときか、プログラムが完成した後に追加で言う事を心がけています。課題に向かうプロセスでは、生徒達から私たち教師が学び、発見させられることも多いからです。

お子さんをお持ちの親御さんへ、ひとことお願いします。

 自分のこどもや多くの生徒さんからも感じますが、身に着けてほしいのは「自信」です。『小さい結果でも、頑張ったから結果がでた、認めてもらえた』これをもって世に出て活躍してもらえるようにしたいですね。

お時間いただき、ありがとうございました。